図1.png

​歴史

​1955年創部
1963S38酒井 昭和38年 卒業式の日.jpg

【歴史/History】

 1955年(S30)、大木教授を部長に、日本体育大学ソフトボール部(女子部)が発足し活動を始める。創部当時は、10名程度の部員数で、練習するためのグラウンドをはじめバットやボールといった用具も満足になく日体大世田谷グラウンドの片隅で、ささやかにキャッチボールやトスバッティングを行っていた。

 翌年1956年(S31)から、細見隆先生が大阪から監督として着任し、三越のグラウンドなどを借用して練習ができるようになった。しかし、細見隆先生も2年あまりで大阪に帰られ監督が不在になった。その後、跡見学園高等学校(東京都)で教員(ソフトボール部監督)をされていた下奥信也先生が赴任し、本格的にソフトボールを行う形がとれるようになり、試合にも出場できるようになった。当時は、学生対抗ではなく一般社会人の試合に出場していた。

 男子部は、女子部に遅れること5年。1960年(S35年)に発足した。男子部発足前は現在のような環境設備は整っておらず二子玉川の河川敷グラウンドを借りて練習していた。グラウンド状況も整っていなかったため、選手は、草刈りやグラウンド整備といった練習環境整備を学生達で行っていた。

 当時は、学生単独の大会はなく一般の大会に出場していた。男子部は愛好会としてスタートし、仲の良い友人同士が集まってできたと言われている。

 男子部と女子部は非常に仲が良く、部室も共同で使用していた。授業後は二子玉川の河川敷グラウンドまで男女一緒にランニングで向かい、グラウンド整備を行ってから練習がなされていた。

 練習内容は、ランニングメニューが主になされ、フィジカル強化を中心とした基礎練習でとにかく厳しかった。ノックは、内野手は強い打球を受け、外野手はアメリカンノックであった。キャッチャーはセカンドまでフライを追っていた。

 服装は、女子は体操着のジャージ、男子は白いユニフォームであった。

 また、グラウンドだけでなく道具も個人負担の為、毎月、部費を500円程度、徴収して運営を行っていた。

 選手は部費と道具のために、駒沢公園にて開催される試合で審判員を行うアルバイトも行っていた。

その後、駒沢公園を使用して練習できるようになったのは、東京オリンピック(1964年)後である。

 その後この駒沢公園で全日本大学ソフトボール選手権大会第1回目の大会が開催されることとなる(1966年S41年開催)。

 また、各都道府県の教員や指導者となりソフトボール競技の普及・発展・強化に勤め、インターハイをはじめ、国民体育大会、世界選手権大会等に出場、あるいはそれらの大会に導いた指導者も多く輩出している。

 在学中は、部活動において本学のソフトボール部員は厳しい上下関係の中で過ごしてきた。技術面だけでなく、生活面においても先輩から後輩へ徹底した指導がなされており、監督からも人として大事なマナー、礼儀、言葉使いなどの指導が行われることから、人間力が形成された。そのような環境のもとで育った卒業生は情熱を持った競技者や指導者を生み出した。

1973S48小原満里子2.jpg