日本体育大学ソフトボール部OB会会則

 

第一章 総  則

 第1条 この会は、日本体育大学ソフトボール部OB会とする。

 第2条 この会は、本部を日本体育大学ソフトボール研究室内に置く。

 但し、事務局は事務局長の住所に置く。

 第3条 この会は、理事の議決会を経て、北海道~九州の9地区に支部を置く。

第二章 目的および事業

 第4条 この会は、日本体育大学ソフトボール部を後援しソフトボールに関し、会員相互の親睦・連絡・研修を行う。学生及び研究者に対する財政的後援をなし、もってソフトボールの充実発展に寄与することを目的とする。

 第5条 この会は、前条の目的を達成するために次の事業を行なう。

 1. 日本体育大学ソフトボール部の隆盛発展に寄与する

 2. 日本体育大学の対外試合や合宿への援助

 3. 名簿の刊行・その他通信

 4.その他目的を達成するために必要な事項

第6条 会員の慶弔があった場合次のようにする。

 1.国際的な試合参加する時

 2.死亡の場合(花輪代として2万円)

 3.その他、総会・理事会で認めた場合

第三章 会  員

 第7条 本会は次の二つの会員からなる。

 1.正会員 日本体育大学卒業年度までソフトボール部に在籍したもの。

 2.特別会員 本会の趣旨に賛同し、常任理事会で承認されたもの。

第四章 役  員

 第8条 本会には、次の役員を置き、役員は総会において選出する。

 1.会  長   1名  5.理  事   若干名

 2.副 会 長  若干名  6.会  計   2名 

 3.事務局長   1名  7.会計監査   2名

 4.常任理事  若干名

 第9条 日本体育大学ソフトボール部部長を名誉会長に推薦する。

 第10条 前OB会長を名誉会長に推薦する。

第五章 役員の任務

 第11条 本会の目的を達成するために、献身的に運営にあたる。

 1.会   長  本会を代表し、会務を統轄する。

 2.副 会 長  会長を補佐し、不在時は代行を務める。

 3.事務局長  会長を助け、会務を推進する。

 4.常任理事  常任理事会を構成し会務を処理する。ブロック責任者。

 5.理  事   理事会を構成し会務を処理する。卒業学年度代表とする。

 6.会  計  会計業務を処理する。

 7.会計監査  会計業務を監査する。

第六章 役員の任期

 第12条    役員の任期は、二ヵ年とする。但し、再任を妨げない。

第七章 会  議

 第13条  本会は二年に1回、常任理事会を開催する。但し必要に応じて、会長が招集する。会長が議長となる。

 第14条 常任理事会は、会計の報告、ならびに審議を行う。常任理事会の裁決は出席者の多数決による。

 第15条  本会の会則は、理事会の承認を得て変更することができる。

第八章  会  計

 第16条  本会の事業費は、会費及び寄付金等をもってこれに当てる。

 第17条 会員は、所定の会費を納入するものとする。

 1.会 費   年間 6,000円(事務局が各都道府県に郵送連絡)

 第18条  本会の会計年度は、4月1日より、翌年3月31日までとする。

 附  則  (施行期日)

 この会則は、昭和55年2月23日から施行する。

 (平成16年7月21日一部改正)

 (平成25年2月24日一部改正)

 (平成29年4月1日一部改正)